美馬市医師会概要

美馬市医師会概要

医師会概要

団体名 一般社団法人 美馬市医師会
代表者 谷口 博美
担当者 佐藤 ふさよ、堂谷 大輔
住所 〒771-2103 徳島県美馬市美馬町字沼田75番地
電話番号 0883-63-2026
FAX 0883-63-2848
アクセスマップ

役員一覧

役職名 氏名 医療機関名 住所
会長 谷口 博美 美馬リハビリテーション病院 美馬市美馬町字沼田75番地
副会長 木下 雅俊 木下医院 美馬市美馬町喜来市2番地1
副会長 国見 欣也 国見医院 美馬市穴吹町穴吹字九反地1番地1
理事 市橋 俊文 市橋内科医院 美馬市脇町大字脇町725番地2
理事 林 秀樹 ホウエツ病院 美馬市脇町猪尻字八幡神社下南130番地3
理事 沖津 修 つるぎ町立半田病院 美馬郡つるぎ町半田中藪232番地5
理事 成田 一之 成田クリニック 美馬市脇町猪尻字東分27番地1
理事 佐藤 一樹 佐藤内科 美馬市脇町字拝原1415番地2
監事 佐藤 純瑞 佐々木医院 美馬市美馬町宗重114番地1
監事 藤野 晴彦 成田病院 美馬市脇町字拝原2576番地

沿革

糖尿病粗死亡率
美馬郡医師会発会式 明治41年1月7日(成田公成蔵)
1. 創設
明治18年

本県甲第92号の布達に基き同年に「美馬郡医師組合会」を設置した。本会は明治18年医師会行規則第9条の各項を討議講究し、医師の本分を尽し将来の進歩を計ることを目的として、郡内開業医師を以って組織した。その長の役を会頭とし、三宅玄達が初代会頭となった。会員数73名であった。

2. 規則制定
明治39年 11月

「医師会規則」が制定。これに基づいて明治41年1月7日脇町郡集会所で「美馬郡医師会」の発会式を行った。

3. 新医師会設立
大正8年 12月

新美馬郡医師会設立

4. 徳島県医師会美馬支部設立
昭和17年 10月

国民医療法の発布により、同年12月23日美馬郡医師会は解散となり、新徳島県医師会が設立され、美馬郡医師会は徳島県医師会美馬支部となった。

5. 社団法人美馬郡医師会設立
昭和22年 11月1日

社団法人美馬郡医師会設立

6. 市町村合併 美馬市医師会へ名称変更
平成17年 3月

美馬郡5町2村が合併し、美馬市・つるぎ町が誕生。それに伴い、美馬郡医師会は美馬市医師会に名称変更

7. 一般社団法人に移行
平成25年 4月 

一般社団法人に移行

2014年1月1日現在
会員数
医療機関数

80名
40施設

歴代会長

歴代 氏名 任期
初代 三宅 玄達 明治18年
二代 塩田 見竜 明治27年 5月
三代 武市 環 不明
四代 永井 英碩 不明
五代 佐藤 敏太郎 明治39年 11月
六代  笠井 彰栄 不明
七代 秦 嘉平 大正7年 3月
八代 北室 直市 大正9年 3月
九代 古城 豊蔵 大正11年 3月
十代 三宅 弥之治郎 大正13年 3月
十一代 逢坂 佐馬之助 大正15年 3月
十二代 佐々木 精一 昭和3年 3月
十三代 大島 兵治郎 昭和5年 3月
十四代 永井 尚英 昭和7年 3月
十五代 森 誠三 昭和18年 8月
十六代 宇山 栄市 昭和21年 12月
十七代 秦 雅夫 昭和29年 3月
十八代 永尾 清 昭和36年 11月
十九代 佐藤 一二 昭和59年 4月
二十代 真鍋 五郎 平成2年 4月
二十一代 佐藤 俊雄 平成6年 4月
二十二代 和田 昇 平成12年 4月
二十三代 谷口 博美 平成16年 4月